2021年07月26日

[ウマ娘]キャンサー杯開幕!イベント開始後に育成開始した方が上手くいく説

皆様お世話になっております、桜武でございます。

始まりましたチャンピオンズミーティング・キャンサー杯。
中距離・遠距離勢に比べてマイルは戦力が整っていなかった為、0から編成を用意しました。

編成は先週の予定通りにマルゼンスキー・サクラバクシンオー・エルコンドルパサー。
逃げ逃げ先行の編成でオープンリーグラウンド1に挑んでおります。

そして、早速躓きました。
エルかバクシンオーが勝ってくれる所までは予定通りなのですが、その回数がこの時点で大分少ない・・・。
初日最大2勝とこれまでで最も悪いスタートとなってしまいました。

慌てて環境を調べ、育成が可能な娘でウォッカが良いという話を目にして早速育成。
右二つを完全に置き去りにしてスピードとパワーを増やしたウォッカをマルゼンスキーと交代で投入して2日目に向かいました。

効果はてき面、エースをエルから奪取すると、安定した走りでラウンド2のAグループ進出に導いてくれました。

この辺り、前回のスーパークリークとテイエムオペラオーが似たような状況になっておりましたね。
事前の準備も勿論必要なのでしょうが、実際にラウンドに突入した後の対応力の方がより大切なのかもしれないと感じております。

さて、この様な形で今回もAグループでラウンド2を迎えられたのですが、ここからが前回と違っておりました。

IMG_1920.jpg

これまでなら決勝ラウンドに進出できるかどうかというラインで戦っていた我がチーム、ウォッカとエルコンドルパサーの活躍で相手が強くなった中でも最大4勝を上げられました。

決勝ラウンドを初めてAグループで迎えられる事となりました。
これを初日で決められたので、明日はこの二頭に併せるウマ娘を考えられる余裕ができたのが大きいですね。

候補の一番手はスピードSSのバクシンオーですが、事前の調整でハナを譲らなかったバクシンオーが対人環境だと先頭に立つことができず。
チームの勝率も後続に比べて劣っております。
逃げウマ娘を入れるなら、ダイワスカーレットを育成するのも良いかもしれませんね。

IMG_1922.jpg

そして、4連勝を決めた先行指示のグラスワンダーが2番手。
デバフほぼ無しで戦う先行3頭体制に手応えを感じている為、新たな先行ウマ娘育成ならオグリキャップを投入してみようと考えています。
サクラバクシンオーを先行育成してみても面白いかもしれません。

ブロンズ称号は確定させられておりますので、残りの時間で更に良い色の称号を目指してがんばってみましょう。

posted by おうぶ at 00:00| Comment(0) | ソーシャルゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください